電力自由化がスタートして一カ月半あまり。既存電力会社からの切り替えは全体としてまだ少なく、特に地方では伸び悩んでいる。

リサーチ会社のクリエイティブジャパンが調べた「電力自由化に関するアンケート」によると、「電力自由化について知っている」との回答は8割あったが、実際に「電力会社の変更を行った」のは一割程度だった。新規事業者への切り替えが進んでいない理由として、「各社のプランを調べるのが大変」が55.4%で、「各社のプランを調べたが、よくわからず決めかねた」が29.4%だった。

電力会社などでつくる「電力広域的運営推進機関」によると、大手電力会社から新規参入事業者への切り替え申し込み件数は、制度開始から一カ月が経過した先月末時点で81万9500件と、大手電力各社の利用者の1.3%。地域別では東京電力管内が51万8000件と最多ながら切り替えの割合は2.2%。関西電力管内は18万2000件(1.8%)。一方、中国電力管内は0.05%、北陸電力管内は0.13%。地方では新規参入事業者が少ないのが伸び悩みの一因となっている。